事業案内

時代や制度がどう変わろうとも、私達の目標は、変わりません。地域に根ざした暮らしを続けていくこと、どんな障害があろうとも働くことを第一に、良く遊び、良く学び、楽しみながら (Enjoy) Step Upしていきたいと考えています。

経営事業者  社会福祉法人たらちね会

代表者(理事長) 中村純五
設立年月日 平成16年3月26日
事業所種 多機能型福祉サービス事業所
事業所の名称 じょいすてっぷ
サービス管理責任者
(所長)
中村清子
開設年月日 平成18年10月1日
職員総数 18名

就労移行支援事業とらい

定 員 8名(利用者数:12名)
対 象 者 一般就労を希望する障害のある方
訓練期間 原則最長2年(2ヶ月の仮受給決定期間あり)
職種・員数 就労支援員(1名)
生活支援員(1名)
職業指導員(1名)
内 容 職場で必要な基本的なルールを身につけるため、清掃業務や喫茶作業に加え、パソコンなどの作業訓練を提供します。また、現場実習や求職活動を通して就職しやすいように支援します。就職後のフォローアップも行います。

自立訓練事業(生活訓練)すてっぷ

定 員 7名(利用者数:9名)
対 象 者 地域生活を営む上で生活能力の維持・向上等、支援の必要な方
特別支援学校等を卒業して、地域生活に必要な訓練等が必要な方
訓練期間 2年以内(2ヶ月の仮受給決定期間あり)
職種・員数 生活支援員(2名)
内 容 「職業的自立」と「生活的自立」が目標です。2年間の限られた中で、「働くことへの意欲と関心を高め、十分な体力とスキルを身につける」 ことと、「基本的なADL訓練を繰り返し行い、できる喜びと自信を感じながら、主体的な活動展開を図り、生活スキルの向上と自立心を育てる」ことを目指し ます。

就労継続支援事業(B型)わーくす

定 員 10名(利用者数:7名)
対 象 者 将来的に就労を目指し、日常生活に支障のない障害のある方で就労移行支援事業経験者または障害基礎年金1級受給者
訓練期間 期限は受給延長により、更新されます。
職種・員数 生活支援員(1名)
職業指導員(3名)
内 容 作業が清武町役場清掃、県身体障害者相談センター清掃、レストラン・弁当業務、継製作業となり、以前よりも増して、地域の中で働く時間が多くなりました。
働いた業務内容と時間に応じて、工賃が支給されています。

生活介護事業ふぁいと

定 員 15名(利用者数:20名)
対 象 者 障害認定調査により、区分3~6の方
50歳以上の方は、区分2~6の方
訓練期間 期限は受給延長により、更新されます
職種・員数 生活支援員(6名)
保健士(1名)
内 容 健康で規則正しい生活を過ごすため、身体の機能維持・向上や基礎体力作り、日常生活スキルの定着と獲得を支援します。楽しく自分らしく生 きる喜びを感じられるように余暇活動の充実を図ります。社会の一員として、働くことの一部を担い、創作活動や生産活動へ積極的に参加していきます。

職員体制及び勤務体制

職 種 員 数 常 勤 非常勤 勤務帯
所 長 1 1 _ 月曜日~金曜日8:00~17:00
生活支援員 10 10 _ 月曜日~金曜日8:00~17:00
就労支援員 1 1 _ 月曜日~金曜日8:00~17:00
職業指導員 4 1 3 月曜日~金曜日8:00~17:00
保 健 士 1 _ 1 毎週水曜日10:00~14:00
事 務 員 1 1 _ 月曜日~金曜日8:00~17:00
医 師 1 _ 1 嘱託(不定期)
調 理 師 2 1 1 富士産業株式会社へ委託

(平成21年4月1日現在)

利用料金:各事業ごとに利用料があり個人ごとに負担額と給食費が発生します。

教養娯楽費、事業所外での行事費用等は、個人負担となります。

秘密保持:職員は、業務上知り得た利用者や家族の情報を第三者に漏らしてはならなく、服務規程に基づく罰則を定めています。

レストラン

営業日 毎週(月)~(金)
ランチ 午前11時半~2時
喫茶 午前11時半~4時
予約・問い合わせ 〒889-1602
宮崎郡清武町大字今泉甲6876-5
Tel 0985-82-8180
Fax 0985-82-8188
マネージャー 富永 千恵
シェフ 溝尻 和子

全てメニューは、600円 (黒米・味噌・コーヒー・サラダバー)です。

おろしハンバーグ
サラダバー